女性の味方の美容外科と皮膚科|眼瞼下垂やクマ治療とバストアップ

Beauty

クマの症状を改善

切らない方法を用いて治療が出来るので、痛みを軽くすることが出来ます。眼瞼下垂を改善するために、眼科へ受診を行ってみよう。

美容外科クリニックへ行けば、目の下の皮膚のたるみや色素沈着が原因で生じているクマをキレイに治してもらうことができます。加齢による皮膚のたるみや紫外線の影響による色素沈着が原因でできているクマを、個人がセルフケアで治すのはまず不可能です。たまに、値段が高い美容液を購入してせっせと塗り込んだり、一生懸命にマッサージしたりする人がいますが、治すどころかクマの症状を悪化させてしまう可能性が高いので、やめておいた方がよいです。一番安心かつ確実なのは、美容外科クリニックへ行って医師による治療を受けるという方法です。とはいえ、美容外科クリニックの治療は保険が効かないので、治すためにかかる費用を心配する人が少なくありません。でも、各クリニックのホームページ上で料金表が公開されていますので、クマを治すためにかかる費用を事前に知ることができます。

年齢を重ねると、眼球を覆っている脂肪を支えている筋肉が衰えてくるため、脂肪がずり下がってしまうようになります。下垂した脂肪が目の下の皮膚を前に押し出してたるませてしまうと、その下に影が生じます。この影が黒っぽいクマのように見えてしまうわけですが、このクマを治すためには、皮膚のたるみをなくさなくてはなりません。従来は、メスを用いてたるんだ皮膚や下垂した脂肪を切除する手術が行われるケースが多かったのですが、最近は、メスを用いない方法で治療を受ける人が増えてきています。たとえば、凹んでしまっている部分にヒアルロン酸を注射して皮膚の凹凸をなくすようにすれば、影ができなくなります。簡単に黒クマを消すことができるため、この方法で治療を受ける人が増加しています。

眼瞼下垂について

眼瞼下垂は瞼があがりにくくなる疾病です。眼精疲労や頭痛などを併発したりします。また、症状は慢性的に悪化していきます。以前に比べ、眼瞼下垂で受診する人が増えました。最近では切らずに手術できる治療法あります。

目の下のくま治療

美容外科クリニックへ行けば、エステサロンやセルフケアとは全く異なる種類のくま治療を受けることができます。色素沈着や肌たるみが原因で目の下のくまが目立ってしまっているような場合は、美容外科クリニックで治療を受けることです。

注意点と豆知識

銀座みゆき通り美容外科は豊胸手術を中心に行っており、支払い方法が非常に豊富な点が特徴となっています。ですが未成年が治療を受ける場合においては、親の承諾が必要なので事前に相談しておくとスムーズに手術を受けることが出来ます。